情報セキュリティ基本方針 Information security basic policy

2017 年 1 月 1 日
東京建物不動産販売株式会社
代表取締役 社長執行役員
加茂 正巳

はじめに

東京建物不動産販売株式会社(以下、「当社」という)は、「総合不動産流通企業」として、お客様情報等の保護の社会的責任を果たすため、取扱う情報を厳格に管理・保護し、信頼される企業を目指しております。
当社は、「仲介」「アセットソリューション」「賃貸」を柱とする企業活動において、IT化を推進してデータの有効活用を実践しております。IT化に伴いお客様等の情報を内外の脅威から保護することは経営上の重要な課題と認識し、ここに情報セキュリティ基本方針を定めます。

情報セキュリティ基本方針
  1. 情報セキュリティ管理体制の整備

    当社は、組織横断的な情報セキュリティを推進する機関として「情報セキュリティ委員会」を設置し、情報セキュリティ活動を推進いたします。

  2. 情報セキュリティリスクアセスメントの実施

    当社は、定期的に保有する情報について情報セキュリティリスクアセスメントを実施し、脅威や脆弱性の有無を再評価いたします。また、同様に重大な変化においても情報セキュリティリスクアセスメントを再実施いたします。

  3. 情報セキュリティ対策の実施

    当社は、情報セキュリティリスクアセスメントの結果、必要となる情報セキュリティ対策を明確にし、対策活動を誠実に実施いたします。

  4. 情報セキュリティ向上のための教育・訓練の実施

    当社は、定期的な教育・訓練を実施し、情報セキュリティにおける基本方針や目的を満たすことの重要性について、役員及び従業員が認識を持ち続けることができる仕組みを構築し、実行いたします。

  5. 自己点検及び監査による見直しの実施

    当社は、情報セキュリティの管理運用状況について定期的な自己点検と監査を実施し、管理体制及び仕組みの見直しを実施いたします。

  6. 法令遵守

    当社は、情報セキュリティに関連する法令、ガイドライン、契約上の義務及び社内規程等を遵守いたします。

  7. 継続的改善

    当社は、情報セキュリティに関する組織内外の状況を把握し、情報セキュリティを継続的に改善いたします。

以上

当社の情報セキュリティ基本方針について