1. CREとは

CREとは

CREとは

CRE(Corporate Real Estate)とは、企業が保有(所有・賃借)する企業不動産のことです。企業価値向上の観点から、企業不動産を経営資源としてとらえ、この管理・運用を戦略的に行うCRE戦略の重要性が年々高まっています。不動産に係る経営形態はもちろん、必要に応じて組織の再編を図ったり、ITを最大限に活用したり、さらには全社的な観点からガバナンスやマネジメントを重視することが、CRE戦略を推進する上でポイントとなります。

写真

なぜCRE戦略が必要なのか?

企業の経営環境が大きく変化している昨今、不動産そのものがリスク資産化し、不動産を保有するだけでなく、賃貸や売却も視野に入れた最適な利用形態が求められています。耐震問題や土壌汚染といった不動産リスクへの対処、また企業会計制度や金融商品取引法などによる内部統制の義務付けといった制度改変なども企業不動産に大きな影響を与えています。さらに敵対的買収とCSR(企業の社会的責任)への対応もCRE戦略の重要な目的のひとつです。

CRE戦略サポートのお問い合わせ

ご意見、ご質問、資料請求のお問い合わせは以下にお寄せください。

ページトップ